FC2ブログ

さいたま命かがやけサロン

心理カウンセリング

Daiちゃん物語

その他

白い雪が舞っていた夜、母がDaiちゃんを抱っこして帰ってきた。

母の胸で震えていたDaiちゃんはシャムとトラのMIXの子猫だった。

青く澄んだ瞳は哲学者のように見えた。

私は母に「こんなに可愛い子猫、飼い主さんが探しているよ。飼い主さんのところに戻してあげなくちゃ」

と伝えた。母は街の小さな鳥居の前でウサギが埋もれていると思ったという。

私は寒さに震えながらDaiちゃんを鳥居の前に戻した。

翌朝、ドアを開けると小さなDaitちゃんが飛び込んできた。

夜中もずっとドアのそばにいたようだ。

私は小さなお皿に常温のミルクを入れてDaiちゃんの前に差し出した。

ゴクゴクと満足そうに飲み干した。

「ねぇ どこからきたの?一緒に居たいの?」

そう聞く前にクッションの上で毛づくろいをしている。

その日を境にDaiちゃんは私と母の大切な家族となった。

Daiちゃんは,どんなに遠くに旅に出ても迷わず必ず家に帰ってくる。

ある日、私と母は同じ街に引っ越しをした。

私は外せない仕事で引っ越し当日に立ち会えなかった。

母は引っ越しに没頭していてDaiちゃんを住んでいたアパートに置いてきてしまった。

私が帰宅をするとDaiちゃんがいない。

半泣きをしながら住んでいた小さなアパートにDaiちゃんを迎えに行った。

Daiちゃんは当たり前のようにアパートの階段から私を見下ろしていた。

Daiちゃんをギュ~と抱きしめると太陽の日なたの香りがする。

数年後、私は結婚をする。母も一緒に暮らした。

Daiちゃんの青い瞳は更に深く賢くなった。

子ども達のいたずらも大らかに許し笑っているように見えた。

家族が体調を壊すと必ずその人の前に寄り添っている。

家族の傷も癒すように見守っていた。

Daiちゃんは何もかもお見通しのように見えた。

Daiちゃんと暮らして21年、お別れの時がきた。

Daiちゃんは動物病院に入院をしていた。

そのお気に入りの場所で家族に囲まれて永眠した。

ありがとう。Daiちゃん.

Daiちゃんが永眠して10年後に母ともお別れをしたけど…

きっと空の上でも母のそばで守り神のように寄り添ってくれているに違いない。

母をよろしくね。Daiちゃん!




sayuri

















スポンサーサイト

子育ての原点 SORA君が教えてくれたこと

その他

SORA君は色々なリスクを抱えてこの世に産まれてきました。

静かに座っているのもなかなか難しいことです。

でもSORA君はいつも天使を味方につけていました。

「SORAが健康で穏やかに笑ってくれていたら私は幸せ」SORA君の母はいつもそう言って微笑みます。

子どもの成長と共に大人は身勝手に期待をかけ過ぎてしまうことがあります。

大人の期待に応えようとして子どもは苦しみます。

SORA君の背中には天使の羽がついていて私に大切な子育ての原点を教えてくれます。


sayuri


見えない呪縛がとけた時…

その他

守りたい家族の為に私は病気になっても元主人に反論をしなかった。

6年間、自問自答を繰り返し専門家にも心の傷の相談をした。

元主人に長所もあったと思う。私に短所があったとも思う。

ただ、自分の子どもへのネグレクト、そして暴力行為、他界した母と私への精神的虐待、

モラルハラスメント、とても苦しい生活だった。

最後は自分の家から去るしかなかった。

このまま黙ってお墓まで持っていけるのか苦しみ続け眠れない夜を過ごした。

こんな風に自分の意志を押し殺すことが果たして正解なのか?

やっと自分に向き合うことができた。

冷静さを保つことが難しかったが、全ての気持ちを元主人に吐き出した。

誠実な謝罪は全くなかったが…

少しだけ自分がやってしまったことを理解したようだ。

「人の気持ちが分からない」と元主人は言う。

その言葉を聴いて私は、カウンセラーのアンテナが立った。

優しい気持ちを持った。

心のなかで「あなたも苦しい人生だったよね。もっと前に私に話して欲しかった」と…。

私はここ数年、一生分の涙を流して苦しんできたけどその分、

また前を向くことができた。

しあわせは自分の心で決めることだと思った。




sayuri






子どもはダイアモンドの原石

その他

私は、とある市の教育の一部を変えていただきたいと18年前に心に決めた。

教育の幅を広げて欲しい。と願った。

日本は、何故か「みんなと一緒」が大好きな国民性かと思う。

駅のホームに立つと、9割の人が下を向いてスマホを見ている。

ホームの後ろから引いて見ると何かの儀式のようにも見える。

そして、人はみんな個性があるのにそのことを生かす教育は今も少ないと思う。

今では、各自治体に設置されている「通級支援指導教室」と言語聴覚士による「ことばの教室」

を欲すると共に様々な要望を加え仲間と一緒に約10年近く行政と交渉を続けた。

その道は簡単ではなく未熟な私はたくさんのことを学ばせてもらった。

「通級支援指導教室」が設置され願いが叶った時は、、

すでに私たちの子ども達に反映する時期は過ぎ去った。

それでもいいと思った。その足跡によって助かる方がいるのであれが光栄に思った。

人は、それぞれに顔が違うように子どもの成長だってデコボコがあって当然だと思う。

私はそれが何かいけないこととは全く思わない。

子どもはダイアモンドの原石だ。

光りの当て方、磨きをかけることによってどの子も光り輝く。

磨きをかける大人は愛を持ち成熟していなければならない。

世界中のどの子もダイアモンドの原石。

もっとその子の個性を認め合う教育を切に願う。

子育て中のみなさん、あなたのお子さんもダイアモンドの原石。

その魅力を引き出してあげるのは、あなた次第。



sayuri









明日の命がかがやく為に..。虐待を乗り越えた私...

その他

先日、私は…とある会で自分で封印してしまった永眠した父からの虐待で受けた傷を吐き出した。

今でもたまにPTSD(心的外傷後ストレス障害)によりフラッシュバックしてしまうことがある。

ただ、一生、封印をしておくはずだった私の過去の傷をみなさんは、ひたすら聴き私と一緒に涙を流してくれた。

私が話し終わったあと、数人の人が私を抱きしめてくれた。私の背中をさすって一緒に泣いてくれた。

私は幼女のように泣き続けた。

人はあたたかい。

帰宅する車中のなかで私は大きな壁を1つ乗り越えたと思った。

人が人を癒してくれる力は何事にも勝る。

改めて傾聴の素晴らしさを思い知った。



sayuri