FC2ブログ

日常の出来事

続… 予感の月

 ←バッターボックスに立ったら →あなたの心の傷
1度、修復したはずの父と息子を


私の煩悩から また、引き離してしまった。 


息子は、父の手で自分を抱きしめてほしかった。 愛情を表現してほしかった…と、泣く。


私もそのことを切に願っていた。



ただ 最近やっと気づいた。他の愛情表現をしていたのかもしれない。



シンプルに表現できなかったのかもしれない。



そのことが、認められなかった 私は、愚かであろう。



私の父も…   



私に愛情表現をするきとが できない。



私が、描く父は、いつも暴力的で暴言を吐いている。



娘として悲しい思いをしたが、それが父なのだと受容すれば 



こんなに苦しまずに 済んだのかもしれない。



親子であっても 別人格である。



私は 私で わが子を抱きしめ 世界中の幼子を愛しく抱きしめ



母の小さくなった背中を抱きしめ 



万人の心を この手で抱きしめる。



  sayuri




スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png カウセリング
もくじ  3kaku_s_L.png 日常の出来事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【バッターボックスに立ったら】へ
  • 【あなたの心の傷】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【バッターボックスに立ったら】へ
  • 【あなたの心の傷】へ