日常の出来事

笑ってよ♪  ババちゃん♪

 ←お土産は 笑顔  (*^^*) →イライラ  ネガテッブな気分から抜けだそう
少しの時間が 空くと母の入所施設に飛んで行く。



私の顔を見ると 母は、ハッと振り返り お互いに近寄り抱き合う。



そのあとの言葉は、決まって 「もう!小百合に会えなくて 寂しくて おかしくなりそうだった!今度は、いつ会えるの?」



私は、すかさず 「今 来ているでしょう」と、笑う…(^o^)



「ね!小百合 おなか 空いてるの。パンも食べたいし お菓子も食べたいの。コーヒーも飲みたい!」



「私の顔を見ると いつもおなか 空いちゃうね」と、 答えると うん  うん …



私の母 通称「ババちゃん」は、認知症型アルツハイマーになってから



ギャル曽根ちゃんより よく食べる(笑)



前のババちゃんは、とても小食であった。



でも 体重は 昔も今も 39キロくらい…。小さい女の子みたいだけど それが ベスト体重みたいだ。



私と 施設で会う時は、ババちゃんの体調を壊さない程度に大好きなパンや お菓子を



内緒の場所で食べる(^_-)ー☆ 



いつか食べられない時が きてしまう前に 好きなものを食べて欲しいと思う。



ギャル曽根ちゃんのように 美味しそうに食べるババちゃんは、とても幸せそうだ♪



ただ 最近のババちゃんは、食べている時 以外… 無表情の時が、多くなった。



前は とても 表情の豊かな人であった。



もう1度 あの笑顔を見たいなぁぁ~と よく思う。



「ババちゃん この人 だぁーれ?」 私が 自分を指さす。



「小百合!!」   「当たり! 小百合は、何歳でしょう?」



「えーと 38歳、、」   「その通り!」



13歳も さばよんでしまったが (苦笑)



私が 笑うと ババちゃんも小さく笑う。



「ねっ ババちゃんは 来年 21歳でしょ?」 真顔で 「そんなに若くないよ」と、こたえる。



食べすぎたお菓子をそっと 隠す私から お菓子を取り返しババちゃんが、問う。



「今度 いつ会えるの?」 私は、大きな字で次に会える日を紙に書く。



ババちゃんは その日を何度も確認して その紙を大切そうにポケットにしまう。



ねっ! ババちゃん 笑ってよ。



いつも そばに居てあげたいのに本当にごめんね。


でも 笑ってね (^O^)


いつも あなたの ことを想っています。



             小百合



       



 


 







 






スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png カウセリング
もくじ  3kaku_s_L.png 日常の出来事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【お土産は 笑顔  (*^^*)】へ
  • 【イライラ  ネガテッブな気分から抜けだそう】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【お土産は 笑顔  (*^^*)】へ
  • 【イライラ  ネガテッブな気分から抜けだそう】へ