FC2ブログ

日常の出来事

翔んで熊谷 同窓会

 ←恋愛とは雷に打たれるようなもの →春の緊張 ケセラ ケセラ なるようになる♪
我が故郷、熊谷を出て35年の時が経った。

できることなら故郷で生涯を過ごしたい気持ちもあった。

父のDVから逃れるために母と一緒に逃げるように故郷を去った。

その父も3年前に永眠をした。最愛の母も同じ年にお別れの時がきた。

先日、35年振りに中学校の同窓会があった。

小学校からのソウルメイト。

なにもカッコつけずに話せる幼なじみ。

今だから言える「好きでした」

年を重ね、心や体も贅肉がついたけど(/∀\*)

みんなで年を重ねた分、人の痛みも分かり心はより魅力的にもなった。

老いていく寂しさも分かりあえる年齢になった。

大好きだった恩師は80歳になっても中学生の私たちを覚えていて今も将来を案じてくれる。

今、思うと不便さはあったけど昭和の一番いい時代だったかもしれない。

大きな音で鳴り響く黒電話。夕方になると聞こえてくる豆腐屋さんの笛。

リモコンなんてないブラウン管テレビ。

カタコト音がする扇風機。

待ち合わせに使う駅の伝言板。

ピンク色の夕焼けのように未来は穏やかだった。

当時の話しにあの頃のようにワイワイ、ガヤガヤ、気づけば終電に乗り遅れそうになった。

「年をとりたくない」とよく耳にするが、大笑いできる幼なじみは年を重ねるほど楽しい♪

笑っても泣いても同じ一生!これからも共に笑い合おうね!3年5組…(´∀`σ)σ


sayuri



スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png カウセリング
もくじ  3kaku_s_L.png 日常の出来事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【恋愛とは雷に打たれるようなもの】へ
  • 【春の緊張 ケセラ ケセラ なるようになる♪】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋愛とは雷に打たれるようなもの】へ
  • 【春の緊張 ケセラ ケセラ なるようになる♪】へ