FC2ブログ

日常の出来事

予感の月

 ←3.11  →予感の月
色々なことが重なりNと私は、自宅に戻ることが出来なくなってしまった。わずかな所持金と最低限の身の回りの物を


キャリーバックに押し込んでビジネスホテルを転々とした。明日、生きているのかさえ分からなかった。


どん底の生活の中でNは、尊いことを学んだ。


普通に食事ができる幸せ、布団の上に手足を伸ばして眠れることの幸せ、学校に通える幸せ、


私も同じだった。日常の当り前のことが幸せだと気付いた。




桜の花が咲く頃にNと私は、他市に引っ越した。数か月後、Nと父親の親子関係は、修復に向かっていた。



                                      つづく

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png カウセリング
もくじ  3kaku_s_L.png 日常の出来事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【3.11 】へ
  • 【予感の月】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【3.11 】へ
  • 【予感の月】へ