日常の出来事

ギャクタイの傷、、私の場合

 ←女心と秋の空  男心と秋の空 →精神的ギャクタイについて
今だから 伝えられることが、あります。


父と母は、私が二十歳の時に離婚をしました。 なので私に実家は ありません。


父は、すぐに再婚をして私からの連絡を拒否しました。


私は 自分の家(建物)が、大好きでした。


自分の部屋の窓越しで1つ上の先輩と 話しをしたり 星を見たり…★☆★ 


下手なギターを弾いたり 友達を招いて話したり… 居心地が、よかったのです。


でも もう一方で とても怖いこともありました。


実の父からの暴力です。


母に対しての暴力は、すさまじいものが ありました。


怖くて今でも思い出したくは ありません。


母の耳の鼓膜が、やぶれた…これ以上のこともありました。


私が、15歳の時 何もしていないのに頬をたたかれ 冬空の中 外に放り出されました。


バケツで水もかけられました。私は、何もしていません。


無抵抗でした。


涙も出ませんでした。


隣りの家から笑い声が 聞こえてくるのをぼんやり眺めていました。


この傷は 51歳になろうとしている私の心に刺ったままです。


虐待とは、これほどの傷が、残ります。その年齢で成長が、止まってしまうこともあります。


幸い 私は、子ども達をたたくことは、ありません。


抱きしめる手は いくらでもあります。


人をたたく。傷をつける。


これほど悲しいことは ありません。


愛を簡単に語ることは いけないと 誰かに言われたこともあります。


でも 私は、この日本が、、世界が、、平和で愛に満ちていることを願ってやみません。


love and peace  


                           小百合

















































スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png カウセリング
もくじ  3kaku_s_L.png 日常の出来事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【女心と秋の空  男心と秋の空】へ
  • 【精神的ギャクタイについて】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【女心と秋の空  男心と秋の空】へ
  • 【精神的ギャクタイについて】へ